施工管理アプリの導入でありがちな失敗とその回避方法について解説

公開日:2023/09/15   最終更新日:2023/05/26

施工管理アプリ 失敗

今回の記事では、施工管理アプリの導入を考えている方へ向けた、注意点等について解説します。施工管理アプリは、業務効率の向上のために使用するものですが、利用用途に合っていないアプリを選んでしまうと本末転倒になります。今回の記事を参考にしながら、自身にあった施工管理アプリを選ぶようにしましょう。

現場の施工管理は専用アプリを使って行うのがおすすめ

はじめに、現場を管理する際には、専用アプリを活用しての運用がオススメできる理由について解説したいと思います。施工管理アプリのおおまかな特徴について説明しておくと、現場仕事において必要になる、データの管理や連絡のやり取りに使用できる、施工管理業務を行う会社様に特化したアプリとなっています。パソコンだけでなく、スマホ上でも使用できます。

時間効率が期待できる

施工管理アプリの使用をオススメできる点として、時間効率を良くする効果があります。施工関係の仕事は、1人に対する責任が大きくなりがちで、長時間労働などの問題に繋がりやすい側面をもっています。人材の確保もむずかしく、1人当たりの負担が大きくなってしまいます。そのような側面をもつ、施工管理会社様がアプリを導入すれば、複数受け持っている現場の管理をより効率的に行うことが可能です。

情報や業務を管理しやすくなる

その他、データで管理することによって、紙よりも情報の管理がしやすくなり、アクセス性も向上します。この点はミスの抑制にも役立ち、複数人が即時データにアクセスできるため、伝票の入力ミスや現場の人数調整の際にすぐに対応可能になります。

データ上には、これまでのやり取りも残るため口頭での伝達ミスがあった場合にも、すぐに軌道修正を図ることができます。口頭だけの場合、伝達ミスが起こり得ますが、データに残るためあれば責任の所在もわかりやすくなります。運用になれるまでは多少の時間は要しますが、現場管理が複雑化してしまっている会社様は、施工管理アプリの導入で業務がスムーズになり、作業効率が今よりも上がるはずです。

施工管理アプリの導入でありがちな失敗

つづいては、施工管理アプリを導入する際におこりがちなミスについて紹介します。アプリの導入は定期的にするものではなく、いちど導入した後は基本的に、そのアプリを使い続けることになるでしょう。導入時のミスは費用面で損することにもつながるため、施工管理アプリを導入する前に、失敗しがちな点について見ておきましょう。

必要以上の機能が備わったアプリを選ぶ

ひとつ目の注意点は、必要以上に機能面が充実したアプリを選んでしまうことです。機能が充実していることは、多くのメリットがありますが、その機能を利用しないのであれば、宝の持ち腐れになってしまいます。機能が優れている施工管理アプリはその分、価格も上乗せされています。必要最低限の機能のみの利用で問題ない方は、価格の安い施工管理アプリでも十分に時間効率を向上させることが可能です。必要以上に多機能を追い求めないようにしましょう。無駄な費用はかけない方が無難です。

操作性を十分に理解していない

ふたつ目の注意点は、アプリの操作性の確認不足です。とくにITの運用に不慣れな方は、操作性に優れた分かりやすい施工管理アプリを選ぶことが大切です。アプリの勉強に時間がかかるようだと、時間効率を上げる目的で導入したのに、以前よりも運用に時間がかかるといった、本末転倒な結果になってしまいます。無料版があるアプリの場合は、操作性について見ておくことをオススメします。ITの運用に不慣れな方でも問題なく使用できるような、直感的な操作性のアプリもあるため、複数社のアプリで、比較検討するようにしましょう。

施工管理アプリ導入の失敗を回避する方法

前章でも簡単に触れましたが、ここでは施工管理アプリ導入時の、失敗を少しでも、少なくする方法を解説します。導入を検討している方は参考にしてください。

無料版で試してみる

まずは、無料版がある場合は、いちど使用感を確かめることをオススメします。第一印象の使用感はやはり大切です。ご自身の使用環境、スマホが多いのか、パソコンが多いのかによっても使用感は異なります。ITが苦手な社員様がいる場合は、使用感については十分に考慮する必要があります。

サポート面が充実しているところを選ぶ

そしてアプリのサポートが充実しているかどうかも、導入時には気を付けてもらいたい点です。近年は、サポートをチャットのみで行う、アプリもあります。ITにある程度詳しい人は、チャット対応でも問題ありませんが、不安がある方はサポート体制が充実している施工管理アプリを選ぶとよいでしょう。電話対応が可能なアプリだと、いざというときに専門オペレーターのサポートを受けることができます。いきなり、大幅にIT化を進めることに抵抗を感じる方は、サポート面も重視するようにしましょう。

知名度が高い施工管理アプリを選ぶ

最後になりますが、知名度が高い施工管理アプリを導入することも、失敗を回避するにあたって役に立ちます。知名度が高いアプリであれば、ネット上で検索することで、対応策を簡単に見つけることもできます。複数のアプリで迷っていて、どちらも機能面で大差ないようでしたら、多少値段が高くなっても、より知名度があるアプリを選ぶことをオススメします。

まとめ

今回の記事では、施工管理アプリを導入する際に、気を付けていただきたい注意点について解説しました。アプリの導入は、定期的に行うものではありませんので、くれぐれも導入時のミスには注意してください。費用面でも損をする可能性があるため、導入前は一度、無料版等でお試し運用をオススメします。ぜひご自身の利用用途にあった、施工管理アプリを見つけてみてください。慣れるのに多少の時間はかかりますが、導入によって時間効率が向上するはずです。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

建設現場の舞台裏で重要な役割を果たすのが施工管理職です。男性の仕事というイメージが強いかもしれませんが、時代の変化とともに女性の働き手が増えてきています。本記事では、女性がこの仕事に挑むうえ

続きを読む

建設現場の成功の鍵を握る施工管理は、計画的な工程管理から現場の安全保障まで、多岐にわたる業務を担います。施工管理で大切なポイントをしっかり理解しておくことで、よりスムーズな作業が実現します。

続きを読む

建設現場向けWi-Fiは、厳しい環境条件に対応した特殊なネットワークシステムです。振動や塵、湿度の変化に強く、遠隔作業や安全管理に貢献します。記事では、専門の機器や選定ポイントについて詳しく

続きを読む

建築現場での情報共有はプロジェクトの円滑な進行を支える重要な要素です。この記事では、情報共有の目的、その重要性、および目的が欠けていることによるリスクについて解説します。チームの連携強化や業

続きを読む

設計変更はプロジェクトの進行において避けられない要素の一つです。しかし、注意深く計画されないまま設計変更に取り組むことは、プロジェクトに深刻な問題を引き起こす可能性があります。この記事では、

続きを読む

今回の記事では、施工管理アプリの導入を考えている方へ向けた、注意点等について解説します。施工管理アプリは、業務効率の向上のために使用するものですが、利用用途に合っていないアプリを選んでしまう

続きを読む

施工管理では多くの書類や図面、人などを管理する必要があり、紙で管理するには厳しいものがあります。そのため現在では施工管理アプリを利用して書類や図面を管理する会社が増えています。そこで本記事で

続きを読む

建設業界でよく聞く工期短縮ですが、工期を短くすることでどのようなメリットがあるのでしょうか。今回は工期短縮の重要性や実現するためのポイントについて解説します。さらに工期短縮に役立つ施工管理ア

続きを読む

今回の記事では、現場の仕事をスムーズに進める上で役に立つ、施工管理アプリについて紹介していきます。初めて導入を検討している方の助けになれば幸いです。料金面は、機能に応じて設定されていることが

続きを読む

Chex(チェクロス) 会社名:株式会社YSLソリューション 住所:神奈川県横浜市中区長者町4-9-1 YS関内ビル TEL:045-345-2763 建設業界で働いている方が共通で悩んでい

続きを読む