工期短縮を実現しよう!工期短縮の重要性と実現するためのポイントとは

公開日:2023/07/15   最終更新日:2023/05/26

施工管理アプリ 工期短縮

建設業界でよく聞く工期短縮ですが、工期を短くすることでどのようなメリットがあるのでしょうか。今回は工期短縮の重要性や実現するためのポイントについて解説します。さらに工期短縮に役立つ施工管理アプリのメリットについても解説するため、工事会社の施工管理者や建設業界に関わる人は、ぜひ参考にしてください。

工期短縮とは?工期短縮はなぜ重要なのか

そもそも工期短縮とはどういった意味を指すのでしょうか。工期短縮はおもに建設業界で使われている言葉ですが、工事期限の短縮を意味します。昨今では工事を発注する施主側から工期短縮を求められるようになっていますが、なぜ工期を短くすることが重要なのか気になる人も多いかと思います。

工期短縮をする事で得られるメリットとしては生産性が向上され、人件費や重機のレンタル費用が抑えられることが挙げられます。コスト削減をすれば発注する側の施主としても工事費用の削減につながるため、工期短縮を求めることが増えています。

また工期短縮によって施主側のみならず、工事会社にとっても大きなメリットとなります。施主側から提示されている工期よりも早く工事を終えることができれば、人件費やリース費用を削減できます。さらに工期短縮を重要視している施主としては工期が短い工事会社に発注を依頼したいと考えるため、工期短縮できることは工事会社にとって営業上の強い武器となります。

工期短縮のためのポイント

実際に工期を短縮するためにはどのように取り組まなければならないのでしょうか。工期短縮のポイントについて、いくつか紹介します。

作業リソースを増やす

まず工期短縮の手段として考えられるのは、作業者の人数や機械といった作業リソースを増やすことです。人数や機会が倍になれば作業量も倍になるため、工期短縮を実現できます。しかしながら、人数を増やすために費用はもちろんのこと、休憩スペースなどの確保が必要となり、機会を増やす場合も同様に設置スペースが必要となります。

作業時間を増やす

次に工期短縮の手段として考えられるのが作業時間を増やすことです。建設業界で突貫工事とよくいわれることが多いです。1日あたり8時間程度で行う作業を10時間に延長するなどして工期短縮が可能となります。時間ではなく作業日数を増やすことでも作業時間を増やすことは可能です。

ただし、作業時間が増えれば人件費が増加することはもちろんのこと、長時間労働となることで従業員からの不満につながります。

作業工程を外注する

現場で行う作業を外注化することも工期を短縮するためのポイントとなります。現場で組み立てや加工が必要な材料を工場などに外注し、現場での作業を減らすことが可能です。

工期を短縮したからといって原価削減にはならない

工期を短縮しても間接工事費の削減となりますが、労務費や外注費などの直接工事費は高くなる可能性があるため、必ずしも原価削減になるとは限りません。工期短縮のため、作業人数を増やすには経費が必要となるうえ、作業時間を増やす場合は割増賃金が発生してしまう可能性があります。

工期短縮にはコスト削減のメリットがあるように見えて、実は削減につながっていないという可能性もあるため、原価を綿密に計算しながら工期短縮を検討しましょう。

施工管理アプリで情報共有や書類作成がもっとスムーズに!

工期短縮を実現するためには業務効率化を図ることが欠かせませんが、施工管理のアプリによって工事に関わるチーム全体の業務効率化を実現することが可能です。施工管理アプリのメリットについては以下の通りです。

情報共有がリアルタイムで可能

施工管理アプリの大きなメリットとして挙げられるのが、情報共有をリアルタイムで行えるようになることです。アプリにアップした情報をメンバーがいつでも確認できるため、電話連絡やメールを減らせます。変更した内容を関係者一人ひとりに連絡する手間が減るのは、大きな業務改善につながります。

書類管理が簡単

施工管理アプリを導入すれば、アプリ上に図面や書類を保管できることも大きなメリットとなります。タブレットなどで図面を閲覧できるため、印刷が不要になることでペーパーレス化の実現にもつながります。また保管した書類や図面の検索機能も充実しているため、探している資料がすぐに見つけられるのも魅力的です。

長時間労働を防げる

施工管理アプリの導入によって情報共有や書類簡易がスムーズに行えるため、長時間労働の防止につながります。スマートフォンやタブレットで作業が可能なので、パソコンがなくても現場や移動の隙間時間に業務が進められるため、残業時間を減らす効果が期待できます。

まとめ

今回は工期短縮の重要性や実現するためのポイントについて解説しました。工期短縮は工事費用の削減や営業力にもつながるため、工事会社で重要視されています。工期短縮を実現するためには作業リソースや作業時間を増やすこと、作業工程を外注するといったポイントが必要となりますが、工期を短縮したからといって原価削減にはつながりません。工期短縮を実現するために、情報共有や書類作成などの業務効率化が実現できる施工管理アプリの導入を検討してみましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

建設現場の舞台裏で重要な役割を果たすのが施工管理職です。男性の仕事というイメージが強いかもしれませんが、時代の変化とともに女性の働き手が増えてきています。本記事では、女性がこの仕事に挑むうえ

続きを読む

建設現場の成功の鍵を握る施工管理は、計画的な工程管理から現場の安全保障まで、多岐にわたる業務を担います。施工管理で大切なポイントをしっかり理解しておくことで、よりスムーズな作業が実現します。

続きを読む

建設現場向けWi-Fiは、厳しい環境条件に対応した特殊なネットワークシステムです。振動や塵、湿度の変化に強く、遠隔作業や安全管理に貢献します。記事では、専門の機器や選定ポイントについて詳しく

続きを読む

建築現場での情報共有はプロジェクトの円滑な進行を支える重要な要素です。この記事では、情報共有の目的、その重要性、および目的が欠けていることによるリスクについて解説します。チームの連携強化や業

続きを読む

設計変更はプロジェクトの進行において避けられない要素の一つです。しかし、注意深く計画されないまま設計変更に取り組むことは、プロジェクトに深刻な問題を引き起こす可能性があります。この記事では、

続きを読む

今回の記事では、施工管理アプリの導入を考えている方へ向けた、注意点等について解説します。施工管理アプリは、業務効率の向上のために使用するものですが、利用用途に合っていないアプリを選んでしまう

続きを読む

施工管理では多くの書類や図面、人などを管理する必要があり、紙で管理するには厳しいものがあります。そのため現在では施工管理アプリを利用して書類や図面を管理する会社が増えています。そこで本記事で

続きを読む

建設業界でよく聞く工期短縮ですが、工期を短くすることでどのようなメリットがあるのでしょうか。今回は工期短縮の重要性や実現するためのポイントについて解説します。さらに工期短縮に役立つ施工管理ア

続きを読む

今回の記事では、現場の仕事をスムーズに進める上で役に立つ、施工管理アプリについて紹介していきます。初めて導入を検討している方の助けになれば幸いです。料金面は、機能に応じて設定されていることが

続きを読む

Chex(チェクロス) 会社名:株式会社YSLソリューション 住所:神奈川県横浜市中区長者町4-9-1 YS関内ビル TEL:045-345-2763 建設業界で働いている方が共通で悩んでい

続きを読む