建設現場のwifiについて

公開日:2023/12/15   最終更新日:2023/11/27

建築現場WiFi

建設現場向けWi-Fiは、厳しい環境条件に対応した特殊なネットワークシステムです。振動や塵、湿度の変化に強く、遠隔作業や安全管理に貢献します。記事では、専門の機器や選定ポイントについて詳しく解説します。建設現場のネットワーク環境を改善させたい方は、ぜひ本記事を最後までご一読ください。

建設現場のwifiとはどんなもの?

建設現場向けWi-Fiは、建設現場や工事現場などの厳しい環境で利用される、特殊な条件に適したWi-Fiネットワークのことを指します。

一般的なオフィスや居住地域のWi-Fi環境とは異なり、建設現場では振動、塵、湿度、温度の変化などの厳しい条件が存在するため、通常のWi-Fi機器では対応しきれないことがあります。建設現場向けWi-Fiシステムは、これらの環境条件に耐えるために堅牢で丈夫なデザインがされています。

また、広い範囲をカバーするための高い信号強度や、信頼性の高い通信を確保するための冗長性などが組み込まれています。これにより、建設作業員や管理者が現場内でスムーズに情報をやり取りし、必要なデータにアクセスできるようになります。

代表的なものとしては、フルノ(FURUNO)の「ウェーブガイドLAN」「ジョインフルLAN」が挙げられます。

ウェーブガイドLANは、高層ビルなどの単管パイプを利用した建設現場向けWi-Fiシステムです。専用アンテナを単管パイプに接続するだけで、手軽にWi-Fi環境を構築でき、LANケーブルの配線や機器・電源の必要がないため、設置工事が簡略化されます。断線や通信障害のリスクが低減され、防塵・防水規格IP55にも対応しています。

ジョインフルLANは、同軸ケーブルを使用した地下現場向けWi-Fiシステムです。同軸ケーブルを利用して地下にWi-Fi環境を手軽に構築でき、設置が容易で取り付け場所を柔軟に選び、どこでも設置が可能です。また、防塵・防水規格IP55にも対応しています。

これらのシステムは、建設DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進し、省人化、工期の短縮、安全管理に寄与します。

建設現場におけるwifiのメリット

建設現場におけるWi-Fiの導入は、業務効率化や安全性向上に大きなメリットがあります。

まず、遠隔臨場による業務効率化が可能です。Wi-Fiを活用することで、建設現場での段階確認や材料確認、立会いなどを遠隔地からリアルタイムで行うことができます。これにより、移動時間の削減や即座の指示出しが可能となり、建設プロセスの迅速な進行が期待できます。

また、建設会社の本社や支店とのスムーズな連携が可能です。従来の電話やFAXに比べ、Wi-Fiを利用したデバイス間の動画共有により、正確な状況把握や適切な指示の出しやすさが向上します。これにより、現場監督同士や本社との連絡手段が迅速かつ効果的になり、コミュニケーションの円滑化が図れます。

さらに、IoT機器との組み合わせにより、労働災害のリスクを低減できます。建設機械や作業員の身に着けたセンサーがWi-Fi経由で情報を送信し、危険な状況をリアルタイムで把握できるため、事故予防が可能です。

例えば、建築現場にセンサーを設置し、接触事故や熱中症などのリスクを早期に検知できるようになります。これらのメリットを最大限に活かすためには、適切なネットワーク環境が欠かせません。

高品質で安定した通信環境を整備し、デジタル技術を効果的に活用するためには、専門家によるネットワーク構築や運用のサポートが重要です。建設業者は、自社の工事現場に適したネットワーク環境の整備方法や専門家の提案を受けることで、より快適で効率的な業務環境を築くことができるでしょう。

建設現場向けWifiの選び方

建設現場でのWi-Fi機器選びにはいくつかの重要なポイントがあります。まず、屋外対応Wi-Fiアクセスポイントや中継機を選ぶ際には、電波法に抵触しないようW56に対応した機種を選ぶ必要があります。

特に海外メーカー製品はW56非対応の場合があるため、確認が必要です。また、建設現場の特殊な環境に対応するためには防水、防塵、耐温度性能が重要です。

機器が外壁や支柱に設置される場合、これらの性能がないとトラブルの原因となる可能性があります。屋外対応Wi-Fiアクセスポイントは、小型で壁面や天井に取り付け可能なものが多く、数百メートルの範囲まで電波を届けることができます。

無線マルチホップ中継機能があると、通信速度は低下しますが、LANケーブルが不要になります。中継機も利用範囲を広げるために役立ちます。

指向性アンテナを搭載した中継機なら、長距離通信も可能です。建設現場では離れた場所でも通信が必要な場合があるため、このような機能は重要です。

最後に、メッシュWi-Fi対応機器も検討の余地があります。通信経路を柔軟に切り替える機能があり、建設現場の広範なエリアでも安定した通信を確保できます。ただし、全ての機器が同じメッシュWi-Fi規格に対応している必要がありますので、注意が必要です。

まとめ

建設現場のWi-Fi導入は業務効率の向上と安全性確保に寄与します。リアルタイムな遠隔臨場が可能で、現場監督や本社との円滑な連携が期待されます。IoT機器と組み合わせれば、労働災害リスクも低減できます。

機器選定にはW56対応や防水・防塵性能が重要で、メッシュWi-Fiも広範なエリアでの通信を支えます。建設DXを促進し、効率的かつ安全な業務環境を整備する上で重要な要素となります。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

建設現場の舞台裏で重要な役割を果たすのが施工管理職です。男性の仕事というイメージが強いかもしれませんが、時代の変化とともに女性の働き手が増えてきています。本記事では、女性がこの仕事に挑むうえ

続きを読む

建設現場の成功の鍵を握る施工管理は、計画的な工程管理から現場の安全保障まで、多岐にわたる業務を担います。施工管理で大切なポイントをしっかり理解しておくことで、よりスムーズな作業が実現します。

続きを読む

建設現場向けWi-Fiは、厳しい環境条件に対応した特殊なネットワークシステムです。振動や塵、湿度の変化に強く、遠隔作業や安全管理に貢献します。記事では、専門の機器や選定ポイントについて詳しく

続きを読む

建築現場での情報共有はプロジェクトの円滑な進行を支える重要な要素です。この記事では、情報共有の目的、その重要性、および目的が欠けていることによるリスクについて解説します。チームの連携強化や業

続きを読む

設計変更はプロジェクトの進行において避けられない要素の一つです。しかし、注意深く計画されないまま設計変更に取り組むことは、プロジェクトに深刻な問題を引き起こす可能性があります。この記事では、

続きを読む

今回の記事では、施工管理アプリの導入を考えている方へ向けた、注意点等について解説します。施工管理アプリは、業務効率の向上のために使用するものですが、利用用途に合っていないアプリを選んでしまう

続きを読む

施工管理では多くの書類や図面、人などを管理する必要があり、紙で管理するには厳しいものがあります。そのため現在では施工管理アプリを利用して書類や図面を管理する会社が増えています。そこで本記事で

続きを読む

建設業界でよく聞く工期短縮ですが、工期を短くすることでどのようなメリットがあるのでしょうか。今回は工期短縮の重要性や実現するためのポイントについて解説します。さらに工期短縮に役立つ施工管理ア

続きを読む

今回の記事では、現場の仕事をスムーズに進める上で役に立つ、施工管理アプリについて紹介していきます。初めて導入を検討している方の助けになれば幸いです。料金面は、機能に応じて設定されていることが

続きを読む

Chex(チェクロス) 会社名:株式会社YSLソリューション 住所:神奈川県横浜市中区長者町4-9-1 YS関内ビル TEL:045-345-2763 建設業界で働いている方が共通で悩んでい

続きを読む